難聴の症状を抑えるサプリのおすすめはこれ

難聴症状サプリおすすめ

突発性難聴の現状

 

突発性難聴にかかる人は、年間に35000人以上とも言われています。そしてこの数は年々増加傾向にあるそうです。この背景としては、突発性難聴に関する情報が大きく広まったことや、受診率の増加、診断基準の確立などが要因というように考えられています。突発性難聴の年齢や性別(男女差)などについての差も気になるところですよね。

 

年齢別に見てみると、突発性難聴の発症率を比較していくと、高齢者だけの病気ではないということを言うことができます。突発性難聴の発症は、分布で見たときに青年から高齢者層まで幅広くかかることがある病気だという研究データがあるそうです。

 

毎年、50歳〜60歳代がもっとも発症者が多く、発生確率が高い年代であると考えることができると言われています。この傾向から考えると、今後の高齢化に伴う中高年層の絶対数の増加によって、自然にこの年代での発症件数が高まるだろうと予測されます。

 

1970年代から時系列で比べていった時、若年層である20歳〜40歳前後でも増加傾向にあるのですが、全年齢層とも増加傾向にあるので、特段若い人の間で増加していると判断することはできません。

 

また、60歳を過ぎると発症数は低下していくのですが、これは突発性難聴ではなく老人性難聴などの難聴が明らかになるケースが多いからと考えられます。そして、この傾向は今も昔も同じだと考えられます。

 

私たちの一般的なイメージでは、難聴と言うとどうしても老人に多いものと考えがちです。実際、そのように勘違いされている方も多いようで、病院などで「まだ〜歳なんですが耳が遠くて」のように相談に来る方が多いそうです。しかし、上記のように、この病気は高齢者だけのものではなく、誰にでも起こりうる病気ですから、年齢を気にして治療開始が遅れないように注意しましょう。

 

70歳台の後半以降は、突発性難聴については発症率の増加は見られません。この年代では 老人性難聴を生じる割合がより多いため、同じく難聴だとしても突発性難聴とは区別して考えるべきです。

 

10歳前後の若年でみられる場合も多くはありませんが存在します。この場合、別の疾患も疑われるので、もしも子どもが難聴を訴えてきたら早めに病院に行きましょう。この時、生まれつき内耳につながる内耳動脈が細かったり、或いは内科的な要因などが関与して難聴の症状を起こしている場合もあります。10歳前後であれば、大人と違って動脈硬化や血栓などによって内耳の栄養血管が傷害されている状態はほとんど見られません。

 

 

次に男女差を考えて見ます。突発性難聴の発症率は、特に近年、男性よりも女性の増加が著しいです。1993年度の調査でははっきりとした性別による差はみられないものの、その増加率は 女性の方が若年〜高年齢層まで男性を上回っていると言われており、この傾向は今後も続くことが予想されています。

 

また、20歳〜30歳の年代で女性の増加率が男性を大きく上回っているそうです。この原因として考えられているものとして、女性の社会的進出による変化があります。女性は元来、男性以上に敏感で対人関係や家庭などでストレスを溜めやすく、幼児期のストレス性の難聴が出やすいのも女性です。そうした性差も突発性難聴の発症率増加に影響があると専門家も考えているようです。

 

まだまだ、居住地域や仕事・家庭などの環境要因と突発性難聴の発症については関係を示す統計上のデータは無いようですから、正確な判断はできないようですが、こうした要因がおそらく影響を与えていることは想像に難くありません。というのは、間違いなく突発性難聴の原因と推測されるストレスに密接に関わっている要因だからです。

 

同様に、食生活についてもデータはないものの、体内の免疫力や自律神経のバランス、臓器や血管などに栄養状態は大きく影響していますから、関係があることは間違いないでしょう。ですから、年齢・性別を問わず、突発性難聴を避けるためには生活環境や習慣の改善が有効であると考えられているのです。

 

耳鳴りを感じる人は多い

 

症状に個人差はあるものの、耳鳴りは日本人の10%、高齢者の30%が経験していると言われています。割合が高齢者の3人に1人という事実からは、耳鳴りは特に珍しい現象ではありません。

 

また、その一方で耳鳴りを感じる人の80%は難聴であるとも言われています。逆に難聴の人の50%は耳鳴りを抱えているという調査結果もあります。こうしたデータからは、耳鳴りと難聴とには強い関係があることが伺い知れます。

 

耳鳴りはただ耳ざわりなだけではなく、耳や脳の重い病気を知らせてくれている場合もあるので簡単に考えてはいけません。突発性難聴やメニエール病など、早期治療が必要な病気を知らせてくれるサインであったりもします。もしも耳鳴りが1日以上たっても継続している場合には、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

 

もしも、慢性化している場合だとしても、急に耳鳴りが大きく感じられたときなどは放置せずに、早く病院で受診するようにしなくてはなりません。耳鳴りというものは、ラジオのアンテナのようなものだと言われています。

 

一般に考えられていることとして、耳鳴りの多くは内耳と呼ばれる器官の障害が引き金となって起こっているそうです。この内耳はラジオで言えばアンテナで、音を感じ取るのが役割となります。そして、私たちの脳がラジオの本体にあたります。もしもアンテナが壊れてしまえば、電波を受けにくくなり、ラジオの本体からは雑音しか聞こえてこなくなるように、耳と脳の関係も同じだということができます。

 

具体的に言うならば、何らかの原因で内耳からの信号が脳に流れにくくなると、それを察知した脳は状況に対応しようと、音の感度を上げようと働きかけます。すると、その過程で作り出されてしまう音が耳鳴りなのです。

 

ですから、耳鳴りというのは、乏しくなった耳からの音声の入力に対処しようとして行われる、脳の正常な代償反応の結果です。脳は正常に機能していますから、この入力を正常に補うことができさえすれば、脳は元のとおりに働きますから耳鳴りを抑えることができるわけです。

 

耳鳴りは耳の中の内耳によって起こっているのですが、耳鳴りそのものは脳で起こっているというのが最近の中心的な考え方で、これは聴覚学や大脳生理学など、様々な角度からの研究によって確認されてきています。耳鳴りが脳そのものの異常として起こる場合もありますが、ごく少数だと言われています。

 

補聴器は耳鳴りにも有効なのは、「耳鳴りを軽減させるには音声信号の入力を補えばよい」という先の理屈があるからで、実際理論通りに耳鳴りが軽減されることが多いそうです。このような補聴器の効果は非常に多様にあって、大変有用だと言っていいでしょう。

 

たとえば、脳神経の異常な活動性を抑えることもできます。耳鳴りは、耳から音が十分に入らなくなることで脳神経が敏感にはたらこうとする作用によって起こりますから、補聴器で音を十分な大きさで入れることにより、脳神経の緊張状態や負担を軽減することができるのです。

 

何かの音を隠すために別の音を入れることをマスキングといいますが、耳鳴りの音を環境音でマスキングができるのものも、補聴器を用いる利点だということができるでしょう。また、補聴器を使うと、相手の声がよく聞き取れるようになり、耳鳴りからくる聞こえにくさが減って人との対話時のストレスが小さくなります。

 

この時、耳鳴りに比べれば外部から耳に入る音のほうがずっと快適かつ大きいため、ストレスを小さく抑えることもできます。「聴覚過敏」とは、さほど大きくない音についても、とてもうるさいと感じてしまう現象を言います。耳鳴りの人の約70%は聴覚過敏が出ているとも言われ、耳鳴りとは関係が深い症状です。

 

というのは、耳鳴りも聴覚過敏もその原因が脳の神経活動の過敏さにあり、それによって生じる症状であると考えられているからです。この両者の違いとしては、耳鳴りであれば「自分の耳からの音に敏感である」一方で、聴覚過敏は「外部の音に対して敏感になる」というものがあります。

 

やっかいなことに、音がうるさいからと耳栓をすることで、ますます脳が音を聞こうと敏感になってしまい、結果、さらに聴覚過敏が進行してしまいます。聴覚過敏は音がうるさいので音を聞きたくないと感じるものではありますが、実はその治療法は音を聞くことが一番良い方法なのです。聴覚過敏の人は、補聴器をつけることも困難になってしまうことが多いです。この聴覚過敏の治療と耳鳴りの治療とは似たところが多々あります。

 

耳鳴りの場合は対応した補聴器を使い、小さな音(広帯域ノイズ)を出しながら音に次第に慣れさせるという対処をしていきます。この時、補聴器の音も最初はほとんど大きいとは感じられないぐらいの音から徐々に必要な大きさの音に調整を行います。これは、音に対して少量ずつ刺激を繰り返し与えて、免疫をつける働きがあり、脱感作と呼ばれる治療法です。

 

 

更新履歴